大好き タダシ人妻西川口

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2013年4月27日 7:44 PM

奴はそう踏んだのだろう。だから笑っていたのだ。塀の中でも、外に出てからも。だからもう、後はないのだった。腹を括るしかないのだった。古今東西西川口よりは奴らが接触を重ね、スクープ記事を公表してしまう前に。致命的な事態に陥る前に、やるべきことを決行するしかないのだった。「頼むぞ、風俗嬢君」これまた明確に言われたわけではない。それでも岸頭取の目が声一局に風俗と言っていることが、風俗嬢には分かっていた。鋭意進めておいてくれたまえ。いつもの彼の人妻デリヘル嬢のエロい口癖までが、目で語られたように思われた。腹を括ったらやるしかない。とことんまで徹底しなければならない。風俗嬢はまずJRに乗って千葉へ向かい、内一房線で房総半島の先端まで出た。館山の海岸線。夜釣りのメッカで、太公望の群れが夜な夜な出没することをよく知っていたのだ。夜釣りと来れば車がつきもの。彼らは自家用車で目的の海岸線まで行き、道路際に駐めて堤防なり思い思いの場所に陣取り、夜の海面に釣り糸を垂らす。車を盗むなら東京からある程度の距離を措いたところで、でなければならない。西川口 人妻とはいってもこれくらい距離を風俗の空けた方がいいだろう、と踏んだのだ。車は思った以上に簡単に盗め、風俗嬢は東京に舞い戻って来た。ナンバープレートは付け替え、容易に目を付けられないようにした。後は、襲撃するだけだ。襲撃場所もメドはつけてあった。芳賀の娘のマンションへ、八幡山駅から向かう途上。車一台通るのがやっとの細い路デリヘル地があり、そこを車で襲われればもう逃れ様がない。後は他に通行デリヘル人のいないタイミングの選定と、アクセルを踏み続ける度胸だけの問題だ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。