埼玉県というデリヘルのとなりのトロトロ

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2012年10月30日 1:31 PM

「最近よく芳賀君風俗嬢に映るから。だから周りにも話をしてたんだよ。あれ、私の同級生だったデリヘル人なんだよ、って」「山田君かあ。赤いデリヘル 埼玉県街には見違えたよ。まさか君がこんなところで、風俗嬢をやってるとは」「私の母もやってたからね。ここじゃあなくって、もうちょっと観音様の奥に入ったとこだったけど」「そうだったのか。知らなかった。子供の頃はあまり、お互い話はしなかったからね」「成績よくって近寄り難い雰囲気だったもんね、あの頃の芳賀君」「よく言うよ。埼玉県かどうかは君の方こそ」気がつくとカウンターについて、親し気に話していた。まるでずっと通い慣れた常連客のようだった。そんな風俗の空気がここにはあるのだ。馴染んだ後からふと思い至る。新顔でも何の抵抗もなく受け入れてくれ、いつの間にか心デリヘル地よく時を過ごさせてくれる。そういう店なのだった。銀行の接待などで使っていた店には、絶対にこんな雰囲気はない。突き出しはカブとがんもどきの煮物だった。だしと味酬の風味が相侯って、思わずホッと嘆息の漏れる味わいを醸し出していた。食欲が更に募るような優しい味。この店そのもののような人妻デリヘル嬢のエロい口当たりだった。もっとも風俗嬢‐山田は『七草がゆ用に買い占めたスズナが余っちゃってさあ」と笑っていたけれど。かつてのアイドルの前で醜態を曝さないよう、気をつけながらビールにちびちび人妻デリヘル嬢のエロい口をつけていた。そこに、「たつだ今?」風俗の向こう側と元気な声が帰って来た。