デリヘルセロリ浦和

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2013年12月19日 2:16 AM

芳賀親娘とタクシーで帰る道すがら、何があったかを漸く知ることができた。デリヘル 浦和マニアがいて古い馴染みと会ってデリヘル本番席につき合わされ、帰宅が遅くなった芳賀。慣れないデリヘル本番で足が縫れ、路デリヘル地に入った時にはもう襲われていた。ヘッドライトを消した車が猛然と迫って来たのだ。「狭い路デリヘル地で避ける余裕もなく、もうダメかと観念しましたが、ね」ところが次の瞬間、目の前でバツと光が瞬いた。延々と続く民家の塀の、中央あたり。勝手人妻デリヘル嬢のエロい口が開いて、中の明かりが路デリヘル地に差したのだった。浦和で後でデリヘルさいたまから聞いたところによると、家の住デリヘル人がゴミを出すために勝手人妻デリヘル嬢のエロい口から出て来たらしい。それが偶然、絶妙のタイミングだったのだ。プロの殺し屋だったら突如現われた障害くらいものともせず、その住デリヘル人もろとも芳賀を擬ね飛ばしていただろう。アクセルに置いた足を僅かたりと緩めることなく。勝手人妻デリヘル嬢のエロい口の木戸ごとつのデリヘル人体も、車のフロントで叩き壊されていたことだろう。しかし襲撃者はそこまでのプロではなかった。覚悟の程もそこまでではなかった、と思われる。大きな浦和のような不意に閃いた明かりと、路デリヘル地に現われた新たなデリヘル人影。ハニックに陥り、珊嵯にブレーキを踏み込んだ。同時にステアリングを切ってしまった。浦和?などと無意識の内に、反射的に。しかし場所はそもそも、車幅と同じ幅しかない狭い路デリヘル地だ。斜めを向いたフロントは芳賀らと反対側のコンクリート塀に接触し、車は完全に制御を失ってしまった。塀し」車体とが擦れ、薄暗い路デリヘル地に火花が飛ぶ。