整体師であれヘルス北千住

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2011年10月30日 10:35 AM

だからその東京進出に際して、在京の組織がピリピリしていたのは事実です。特に姥川会は本拠デリヘル地が六本木ですからね。上部組織どうしでは一応、話はつけられていたのでしょうが。下部組織は何かにつけて、ことあるごとに衝突する。そういうものなんですよ。だからその内のどこかから恨みを買って、東京進出責任者である呉原自身が襲撃されることになった。そういうことだと私は見ています」「そうですか」「自分の菟罪を晴らす暇もなく殺されて、呉原としても無念だったでしょうが」「まあ元々、死と隣り合わせの日常なのでしょうからね。北千住というのはヤクザである限り」芳賀は再び窓の外へ視線を遣った。甲州街道に面したこの店からは、大通りを行き交う車の姿を常に眺めることができる。一日中、ずっと。終わりのない流れの中に、風俗の向こう側ヤクザとしての呉原のデリヘル人生を重ねて見ているのだろうか。無念の内に命を落とす非業の死があっても、その屍もものともせず死と抗争とが延々繰り返されて行く。極道達の否応ない生き様について。呉原の死について調べて欲しい。北千住 ヘルスではあるがそうしたら私の事件について知っていることは、全て話す。電話で依頼され、一応の調査結果が出たため今日は、ここで会うことにしたのだった。まずは九鬼が八幡山のマンションまで赴き、例の監視がいるかどうかを確認する。今日は見当たらなかったため、呼び出してこの喫茶店まで共に歩いて来たのである。「事務所の前に、デリヘルさいたまの装甲車がでんと駐まっていましたねえ」遠くをデリヘルを見るような表情のまま、芳賀は言った。「抗争に発展するのを防ごうというのでしょう。

 

ヘルス大宮板前

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2011年10月5日 8:02 AM

しかし芳賀は頑として人妻デリヘル嬢のエロい口を割らない。弁護士からきつく指示されていたからだ。乙石銀行の顧問弁護士であり、料亭『羽村』の会合でも奴らと謀議を巡らす仲だった(と言うより奴らの主要メンバーの一デリヘル人だった)ことが実証された、あの沼田弁護士から。一方その間に、乙石側から司法当局上層部に対して何らかの工作がなされた。僭越ながら大宮にしても恐らくは強大な政治的影響力を有す、小俣代議士の力をフル動員して。こうして検察の方針も転換され、芳賀一デリヘル人を犠牲にする筋立てに裁判所も乗った。かくして芳賀の運命は決定づけられて行ったのだ。ヘルス 大宮マニアがいて察するに乙石や小俣らは、塀の中に落ちた芳賀が精神的におかしくなり、余計なことを思い出さぬまま社会的に抹殺される末路を期待していたのではないか。事実、その寸前にまで行った。奴らは完全なる成功を、ほぼ手中に収める目前だった。大宮好きにとってしかし芳賀は不死鳥のように蘇って来た。これは記事にはしていないが、呉原という精神的支柱を得て。自らの汚名を雪ぎ、事件の真相を洗い直すべく塀の外に舞い戻って来たのだ。この予想外の動きに、乙石側は完全にパニックに陥った。ジャーナリストである俺と芳賀とが頻繁に会っていたことも、奴らは知っていたのに違いない背風俗の空の向こう側‐むしろ全体の構図が見え出してからは、奴らの動きを誘うべくわざと目立つところで会った、こちらの作戦もあったし。ここでは大宮でもってそうして、早めに手を打たねば自分達は破滅だ、と乙石側は悟った。挙句、焦ったあまりの勇み足が、風俗嬢による襲撃だったわけだ。芳賀を襲ったものの自分の方が重傷を負い、未だ病床にある士本は今や完全にデリヘルさいたまの監視下にある。既に意識は取り戻しているため病室での取り調べが始まっているそうだが、まだ何も喋ろうとはしないという。