さいたまは人妻ひとりかくれんぼ

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2011年11月4日 6:13 AM

「実は僕もここのところ、デリヘル本番に強くなる練習を毎晩していてね」「…。変わったな」そんな笑みに戸惑ったような表情で、父は言った。言わずと知れたさいたまから「正太郎。お前、変わったな」「変わった、僕が?長いことご無沙汰してたんで、すっかり老けちまっただけだる」「いや、違う」と仁介は繰り返した。かつてのワンマン社長ぶりもどこへやら・老いた父親が息子を頼もしく見上げるような表情だった。「変わったよ、お前。まるで、違うデリヘル人間みたいだ……」家からJR上尾駅に向かう途中に、谷津観音堂の広い境内がある。さいたま 人妻こそ車通りの歩道伝いにずっと歩いて来た芳賀は、そこのベンチに腰を下ろし、ほっと息をついた。終始穏やかな雰囲気で過ごせた帰省だが、やはり久しぶりに親に会うと緊張する。ここに来て漸く心を解すことができたのだ。デリヘルからソープ、そしてデリヘル人妻風俗時代。さいたまなどは通学に上尾駅を使っていた頃は毎日ここを通った。途中でベンチに腰を下ろし、一息つくことも多かった。真のさいたまでもって家に帰り辛い雰囲気だった時期は、特に。境内で一息つき、心を鎮めてから改めて家路に就いていたものだった。あれからもう、加年か。本当に色んなことがあったものだ。予想もしていなかった波澗万丈が、俺のデリヘル人生を彩ったものだ。そして今、俺はここにいる。風俗家とも何とか打ち解け合って、また帰省できそうな感触まで勝ち取った自分がここにいる。考えてみれば加年間いろいろあった中で、何より予想できなかったのはこうして、風俗家と和解できた展開ではないか。