デリヘルなどはポテトを盗んだ男大宮

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2012年12月27日 2:47 PM

例えば大宮 デリヘルではあるが小俣のカミさんを見詰めながら、芳賀は言った。でも、どこで……デリヘルそれから彼は、必死で記憶の糸を手繰り始めた。九鬼からすれば、永遠にも思える長い長いデリヘル時間だった。大宮祭りの期間は実際には精々分くらいのものだったろうが。大宮にあるそのままこの場で互いに命絶え、朽ち果てて行くのではないか、とさえ思われる程の長さだった。「あれ、だ」漸く芳賀は言った。前の商売柄、デリヘル人の顔は一度見たら忘れない。デリヘル人の顔事実も次々判明する。風俗嬢の事件もあるからデリヘルさいたまも動く。捜査が更なる報道を呼ぶ。世論に押されて司法も重い腰を上げるだろう。圧力に屈して起訴を歪めたという傷が自分達にもあるため、渋々極まる重い腰だろうが。それでもこれだけ世論が騒げば動かざるを得ない。動かなければ世間の疑心暗鬼を呼び、痛くない腹まで探られるハメになり兼ねないのだから。精々が自分達に降り掛かる火の粉が最小限になるよう、調整したシナリオで逮捕起訴に動く筈。そうなれば奴らは終わりだ。風俗の向こう側と共に周辺の記憶も蘇る。銀行屋としての長年の鍛錬で、身体に叩き込まれた能力が期せずして、見事に功を奏してくれた瞬間だった。「あそこだ。あそこから出て来た女だ。あれが、あの、女だ」芳賀によるとこういうことだった。担保に取った野田氏の土デリヘル地を任意売却させるべく、ブローカーの小南まで投入していた時期。全くの別件で元上司の越谷と会い、打ち合わせを持ったことがあった。銀座の料亭『一兆』でのことである。すると偶然、当時の岸副頭取も同じ料亭で会食していることが分かった。