デリヘル北千住編集者

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2013年9月29日 8:51 PM

加害者側の一員であることに変わりはない」「それでも前とは全然違う。前はお前だけが悪者扱いだった。全国民がお前を憎み、風俗の向こう側悪人妻デリヘル嬢のエロい口を叩いているようだった。今回はそうじゃない。それだけでいいざ。気が楽だ」お前の悪人妻デリヘル嬢のエロい口じゃないんだから気が楽だ……。そんな言葉を父の人妻デリヘル嬢のエロい口から聞くことになるとは、夢にも思ってはいなかった。そしてそれだけでも、ここに来てよかった、と芳賀は思った。本来なら出所早々、風俗家には顔を出すべきだった。しかしもともと疎遠で近寄り難かったこともあり、騒動続きで動きが取りにくくもあって、成デリヘル人の日もとうに終わった時期までズルズル延ばして来たのだ。それでもいつまでも、というわけには行かない。北千住みたいな自分のせいでずっと体調を崩したままという、母を見舞う必要もある。連日の報道で汚名は雪がれたことだし、デリヘル以前よりはずっと訪れやすい雰囲気になってくれているだろう。果たして今朝、久しぶりにここに電話を入れてみると、父の反応は思った以上に穏やかなものだった。そうか。いや謝ることはないPお互いこうなってしまったことについては、俺にだって非はある。とにかく母さんも心配していることだし。ところでデリヘル 北千住も久しぶりに顔を見せに来てやってくれよ……案ずるより産むが易し。