デリヘル久喜市作詞家

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2014年2月24日 8:20 PM

久喜市にある駅の方から溢れ出て来るデリヘル人混みを眺めながら、思案に耽った。キンカ堂の方から歩いて来たデリヘル人混みには、まだ若い顔触れも多い。あの中にもまた、俺みたいなデリヘル人生を辿る奴がいるのだろうか。第二第三の俺がいるのだろうか……?ふと腹が減っていることに気がついた。谷津観音の境内を出、飲食店の並ぶ通りを歩いてみて『おふくろの味さつき』と掲げられた看板を見つけた。久喜市 デリヘルばっかりビルの階の奥。落ち着いた小椅麗な雰囲気に惹かれるように暖簾を潜った。昔の久喜市の方から「いらっしゃいませ」カウンターと、小さなデリヘルのテーブルがつばかりの店だった。久喜市こそがカウンターの中から風俗嬢風俗の向こう側が、笑顔を振り向けて来た。デリヘル才よりはずっと若く(多分)見える、生気に溢れた笑み。ただそれが、そのまま固まってしまった。「あれ?」と怪誘そうな表情に転じた。「あれ、もしかして、芳賀君?」こちらは誰だか分からない。戸惑って立ち尽くしていると「私だよお。小学校中学校で一緒だった、山田ちえみ。覚えてない?」「あ・…。」可愛らしくて勉強もでき、スポーツも万能で学校中のデリヘル人気者だった山田ちえみだ。片や勉強はそこそこなものの、根暗でいつも教室の隅に身を縮こめていたような自分。こちらにすれば彼女はまさしく高嶺の花だった。いつもまぶしく光り輝いて見えた。だから到底近寄り難い雰囲気で、確か人妻デリヘル嬢のエロい口を利いたこともあまりなかったのではないか。

 

ヘチマ人妻さいたま

  • 投稿者 : アナルの中からこんにちは
  • 2014年2月11日 10:02 AM

担保に取り上げられた野田氏の土デリヘル地を、最終的に手に入れてピルを建設している都市再生プロジェクト。そこに融資しているのが乙石のライバルに当たるみのり銀行だったため、この線は見込み違いかと諦めていた。行き止まりと見て掘り下げるのを止めていた。確かに都市再生プロジェクト株式会社に注目しているだけでは、ダメだったのだ。風俗の向こう側木を見て森を見ず。野田氏の土デリヘル地だけに目を向けていたのでは、展望が開けなかったのだ。さいたまなもっと、中野坂上の再開発全体に目を向けていなければ。野田氏の土デリヘル地を含むあのデリヘル地域一帯の再開発プロジェクト、全体の設計コンサルタントを引き受けた都市開発総合研究所こそ、小俣のカミさん‐伸子が実質取り仕切る企業だったのだ。そして、西麻布の六本木通り沿いに豪華な本社ビルを構えるこの都市開発総合研究所のメインバンクこそが、乙石銀行だったのである。大人妻デリヘル嬢のエロい口融資先の関わる大プロジェクトがデリヘル地元で進行中なのだから、案件は中野坂上支店が中心になってやるのではないか、と思うとちょっと違う。言わずと知れたさいたま 人妻であれこうした大人妻デリヘル嬢のエロい口融資は往々にして銀行の本店が仕切る。支店はその資金を集めるため、外を駆けずり回って「本支店レート」で本店に預ける。支店はあくまで本店の尖兵なのであって、デリヘル地元のプロジェクトと言えど中身については知らされないことも多いのだ。ましてや大物議員、小俣が絡む政治銘柄である。ドロドロした内幕を一デリヘル店長に過ぎなかった芳賀が全く知らされなかったとしても、何のデリヘル不思議もなかった。